よしだの公式日記

身体をデザインする専門家の発信

ただ腰痛をなくすだけじゃ面白くない

昨今、働く環境でみられる腰痛とかの健康状態を良くしようという流れが出てきてる。

 

特に、健康経営®️という概念は中小企業にはまだ浸透していないけど、大企業では当たり前のようになってきた。

(健康経営®️に関しては改めて書くとしよう)

 

僕の職業でもある理学療法士の中でも、「産業リハビリテーション」として企業への予防活動に参入していて、僕自身もそこに食い込もうとしているわけなんだけど、なんとなく

「腰痛いですよねー。腰痛予防しましょう。そしたら仕事の効率も良くなるでしょう。」

では面白くないというか端的すぎるなーと思ってしまう。

(注:この分野で最前線で活躍している方たちはそんなに端的なものでやっているわけではないし、その方達への批難ではありません。)

 

僕の中で『働く』っていうのは人生に直結するものだと考えている。

yoshidacom.hatenablog.com

 

それくらい重要な『働く』だからこそ、「腰痛があるからなくしましょう」ではなく、もっと根本的なところで、腰痛がないのはもちろん、それ以上に「働くために必要なカラダ作りを習慣化しましょう」っていうのにしたい。

 

じゃあ「働くために必要なカラダ」ってなんだってことなんだけど、現時点で僕が考える働くためのカラダに必要な前提条件はこの4つだと思う。

・冷静な判断を持って働けるカラダ

・情熱を持って働けるカラダ

・強い意志を持って働けるカラダ

・外見も内見も良い姿勢で働けるカラダ

 

この4つを持つためには、腰痛とか心身の不調があったら持つことができないし、この4つが備わっていればそもそも心身の不調なんて起きない。

 

「働くためのカラダ」ってしたけど、前の記事にも書いたように、僕の中では収入があるかないかに関わらず人生のすべての時間が『働く』をしていて、今更だけどここでの「働くためのカラダ」っていうのは「人生を楽しむためのカラダ」ってことで、その考えでも、冷静な判断で、情熱があって、強い意志もあって、さらに良い姿勢ってなったらなんか良さそうでしょ。

 

「そんなのカラダ作りでできないよ」っていう人もいるかもしれないけど、実はこれ、カラダ作りとしてできちゃうわけだ。

 

しかも、それにてっぺんはなくて、自分が鍛錬し続ければ極限まで追い求めれちゃう。

そう、まさに極めれちゃうんだ。

 

だから、僕はどうせなら

腰痛をなくしましょう!

じゃなくて、

もっと根本的な極みまでいけちゃうカラダを作ろうよ!

っていうのを届けたいと思っている。

 

『働く=人生』みたいに言っちゃったけど、とりあえずは一般的にいう働いている人に向けてそういうのを発信していこう。

 

 

 

 

 

Bodyline School 〜ゼロから始めるカラダづくり講座〜
Facebook公式ページ]

https://www.facebook.com/Bodyline-Schoolゼロから始めるカラダづくり講座-303380750135556/?ref=bookmarks


[公式ブログ]

ameblo.jp